ジェネリック医薬品とは

drugs

ジェネリック医薬品は最近話題になることも多いので、聞いたことのある方も多いかと思います。しかし、日本はジェネリックの後進国といわざるを得ない状況なので、ジェネリックについて詳しくは知らないという方も多いかと思います。
ジェネリックは様々な利点があり、通販でクラミジアの薬を買う際にもご利用いただけますので、ぜひとも覚えておきましょう。

ジェネリック医薬品とは「後発医薬品」とも呼ばれるもので、安価で購入できる薬になっています。ジェネリック医薬品について語るためには、まず薬の開発の仕組みについて知る必要があります。
世界中にはたくさんの製薬会社があり、日夜新しい薬の開発を行っています。この開発によって作り出された、新しい効果を持つ薬は「新薬」と呼ばれます。
新薬を開発するには、数百億円の莫大なお金がかかります。さらに動物実験、臨床実験、販売許可をもらうといったプロセスをたどるので、新薬の発売までには莫大な時間がかかります。
製薬会社はこの出費を取り戻すために、販売にこぎつけた新薬の特許を取得し、独占販売できるようにします。この特許は20年ほど持続しますので、その間に新薬をたくさん販売することによって、また新しい薬のための開発費用を得るのです。
このような仕組みになっていることから、新薬の金額はどうしても高めになってしまいます。

新薬の特許が切れると、ジェネリック医薬品の開発が始まります。
ジェネリックは20年以上独占販売されていた新薬をもとに製造するので、費用も時間もかかりません。
当然、今まで使われていた薬とほとんど同じ有効成分なので、安全性もバッチリです。この事から、新薬の特許が切れると間もなくジェネリックが発売されます。
ジェネリックはコストがかかっていない分、従来の新薬よりもかなり安く販売することができます。
クラミジアの薬であるジスロマックのジェネリックもあるので、治療薬を探している方はジェネリックを中心に探してみましょう。