海外から購入する

young girl with long hair

実は日本で購入できる薬はかなり狭い範囲に限られているといえます。これは日本の薬事法が厳しすぎるからです。
薬事法とは日本国内での薬の製造販売を管理している法律で、薬の質を上げたり、危険な薬が出回らないようにしているものです。
もう少し具体的に説明すると、薬事法では危険な薬物の製造販売を禁止するのはもちろん、副作用の強い薬を使用する際には医師の説明を義務付けたり、特別な資格を持った薬剤師しか販売できないなどの措置をとっています。
薬剤師しか販売できないような薬に関しては薬剤師が在籍する薬局で購入することができる可能性もありますが、医師の説明が必須である「処方箋医薬品」は病院で処方してもらわない限りは手に入りません。
クラミジアの治療薬であるクラビットをはじめとする、性病の治療薬も処方箋医薬品になりますので、性病の治療薬が欲しい場合は病院に行かなければなりません。

日本の薬事法が厳しいと言われているのは、処方箋医薬品の範囲が非常に広いことに由来します。
各種性病の薬やバイアグラなどの薬などは、海外では安全なものとして市販で販売されています。また各種ジェネリック医薬品も海外では普通に購入できます。
こういったものも販売認可が下りていなかったり、処方箋医薬品に指定されています。そのため、日本は処方箋医薬品の範囲が非常に広いと言われているのです。
ただ、日本の薬事法は国内での販売方法を規制しているのみなので、海外で販売されている薬を輸入する方法であれば、病院に行かずに治療薬を購入することができます。
商業目的での輸入はできないので個人輸入というものになりますが、この輸入を利用することによって、ようやく海外と同じくらい選択肢が広がります。
特にジェネリック医薬品に関しては個人輸入でしか買えないものもあります。